MURASAKI SHONAN OPEN 2018

MURASAKI SHONAN OPEN 2018

MURASAKI SHONAN OPEN 2018

SUMMER JUMBO SESH エントリー Make on the Spot エントリー

REPORT

SKATEBOARD STREET CONTEST
RockAway in MURASAKI SHONAN OPEN 2016
supported by NIXON produced by CHATTYCHATTY

7/17(SUN)-18(MON) @PARK AREA

REPORT レポート

2連覇の戸枝義明を破り、池田大亮が優勝を獲得!!



今年も7月17日、18日とCHATTYCHATTYが主催する夏の祭典!
ROCKAWAY IN MURASAKI SHONAN OPEN 2016 SUPPORTED BY NIXON
今年は昨年を上回るスケールとセクションの拡大、CHATTYならではのミュージック&映像ショーケースなど過去最高のイベントとなりました。

大会初日は、2日目に行われる本戦の出場権をかけた、今勢いのある地元の10代を中心に集まったYOUNGUNSが日頃の練習の成果を存分にみせつけ観客や審査員をうならせる。
そして、見事本戦の出場権を手にしたのは亀水大輝、星野晴人、そして地元湘南出身最年少11歳の坂本ワキョウの3名!!

初日ラストはここに観客を集めBEST TRICK SHOWCASEを開催。
出場約20名、制限時間10分の中、本庄飛龍、池田大亮などが各々得意技をメイクする中、唯一の前叩き、ノーリーキックフリップを見事メイクして、小島優斗がベストトリックを獲得。

  • (Hiryu Honjo)

  • (左:Ryuhei Kitazume 右:Yuto Kojima)

  • (Yuto Kojima)

大会2日目は、CHATTY ALL STAR&FRIENDSに前日勝ち残った3名を加えた計27名のスケーターが3名グループに分かれ、9HEATそれぞれ3分間のJAMバトルを行い、各グループから1名、合計9名が決勝へコマをすすめる。

18日本戦はHEAT1に、小島優斗・桑本透伍・廣木一浩、HEAT2には、前日予選から勝ち上がった亀水大輝、星野晴人、坂本ワキョウ、HEAT3には本庄飛龍・内藤寛人・西川誠、HEAT4には清水葵・玉野辰磨・三枝博貴、HEAT5には中田海人・西川レイキチ・傳田郁、HEAT6にはレジェンド枠として北村浩一・吉田徹・石沢彰、HEAT7にはJUNYA FIRE・増田真也・海老原セナ、HEAT8には村田鉄夫・田中章吾・戸枝義明、HEAT9にMURASAKI推薦枠の瀬尻稜・堀米雄人・池田大亮がそれそれエントリー。

  • (Ryo Sejiri)

  • (Aoi Shimizu)

  • (Hiroki Saegusa)

  • (Koichi Kitamura)

  • (Yoshiaki Toeda)

  • (Yuto Horigome)

  • (Daisuke Ikeda)

  • (Iku Denda)

  • (Wakyo Sakamoto)

決勝へとコマを進めたのは、小島優斗、坂本ワキョウ、内藤寛人、清水葵、傳田郁、北村浩一、増田真也、戸枝義明、池田大亮。この9名により10分間のJAM SESSIONが行われた。

この異色面子のJAMを制したのは誰なのか?大会2連覇中の地元湘南出身、戸枝義明の3連覇はなるか!?中島壮一朗、RYUJIN、SUPERCRISSのROKAWAYジャッジが審議する中、表彰式前恒例のROCKAWAY SPECIAL PREMIRE SHOW CASEを会場の巨大LEDモニターで上映。

そして表彰式。オーディエンスを沸かし審査員の心を掴み優勝したのは若手の有望株、池田大亮!圧倒的なメイク率で戸枝義明の3連覇を阻止し見事優勝に輝いた。

Photo by
MURAKEN
Yoshifumi Shimizu
ZIZO


HIGHLIGHT MOVIE ハイライト



このページのトップへ