MURASAKI SHONAN OPEN

MURASAKI SHONAN OPEN

MURASAKI SHONAN OPEN

SUMMER JUMBO SESH エントリー Make on the Spot エントリー

REPORT

INVITATIONAL EVENT
MURASAKI SHONAN OPEN 2019 LONGBOARD STYLE JAM

7/13(SAT) @BEACH AREA

REPORT レポート

今年もMURASAKI SHONAN OPENのスペシャルコンテストとして、ロングボードの招待コンテストが開催!!

左:Dane Peterson 右:Jared Mell

(左:Dane Peterson 右:Jared Mell)

国内トップクラスのロングボード・スタイルマスター達が集合。今年も海外からもビックネームが参戦。デーン・ピーターソン、ジャレッド・メル、ネーザン・ストロームという世界が注目する3名のサーファーが会場を沸かせた。

  • Dane Peterson

    (Dane Peterson)

  • Jared Mell

    (Jared Mell)

  • Nathan Strom

    (Nathan Strom)

このイベントはモダンなスタイルを重視したジャッジを採用し、各々のスタイルを魅せるイベント。9’0″”以上のボード・PU(ポリウレタンフォーム)ボードを使用した重めのボードのシングルフィン。サイドフィンプラグを使用しているボードはNG。

ロータイドからハイタイドにかけて、鵠沼特有のロングに適した波がブレイク。国内トップクラスのロングボードライダー達と、デーン・ピーターソン、ジャレッド・メル、ネーザン・ストロームの3名は湘南の海で素晴らしいクラシック・スタイルを披露した。

世界レベルのロングボード・スタイルが湘南で観れるということで、多くの熱烈なファンが会場に集まった。

ハングファイブから、キックファイブ、そしてハングヒールからのリバース・ステップバック。素晴しい技のバリエーションを披露。

  • Masaya Tsukamoto

    (Masaya Tsukamoto)

  • Nobuhiro ogashira

    (Nobuhiro ogashira)

湘南が誇るノーズライディングの達人である清太郎。スタイル系のイベントでは常に上位入賞を果たすスタイルマスター。スイッチスタンスも披露。

Seitarou Nakamura

(Seitarou Nakamura)

6年連続でJPSAロングボード・グランドチャンピオンという日本記録を保持しているショーロクこと宮内謙至。今回も地元の慣れ親しんだ海で、ショーロク・スタイルを披露。
昨年のチャンピオンの秋本祥平も2連覇をかけて挑んだが惜しくもクオーターファイナルで敗退。

  • Kenji Miyauchi

    (Kenji Miyauchi)

  • Shouhei Akimoto

    (Shouhei Akimoto)

MURASAKI SHONAN OPEN「ロングボード・スタイルジャム」ネーザン・ストローム優勝、吉田泰2位という結果となった。

Yutaka Yoshida

(Yutaka Yoshida)

左:Yutaka Yoshida 右:Nathan Strom

(左:Yutaka Yoshida 右:Nathan Strom)

RESULTS 大会結果

1位 Nathan Strom
2位 Yutaka Yoshida
Report by
SURFMEDIA/S.YAMAMOTO

HIGHLIGHT MOVIE ハイライト

このページのトップへ